「就労移行支援」と「就労継続支援」

「就労継続支援事業」で障害に合った働き方が実現できます

【障害を持つ方々の就労をサポートする、「就労継続支援事業」について】

障害者を持つ方々は障害の度合いや体調の変化などが原因で、一般の企業や会社で働くことが難しい場合も多くあります。そのような障害者の方でも一般企業とは異なる形で働く喜びや収入が得られる場として用意されたのが、「就労継続支援事業」です。この「就労継続支援事業」は、更に「就労継続支援A型事業」と「就労継続支援B型事業」とに分かれています。これらの就労継続支援事業は福祉サービスの作業所として運営されているものなので、作業時間や作業方法は障害者の方の希望が優先されます。自分の障害やペースに合わせた働き方ができるのです。働き方を強制されることは禁止されているので、障害を持つ方々でも安心して働くことができます。

 

【一般企業に近い形で就労できる、「就労継続支援A型事業」】

「就労継続支援A型事業」は障害のために一般的な勤務体系では働けない方々に向けた福祉サービスで、支援を受けながら継続して働く形の雇用契約となります。雇用契約を結んで働くシステムなので、契約に基づいた賃金が毎月支払われます。「就労継続支援A型事業」では職業訓練や実際の勤務を経験することでスキルを習得していき、いずれは一般の企業や会社に就職することを目標としています。障害者をサポートする職員が職場にいることが大きな特徴で、無理なく働き続けることができる環境となっています。困った時にはサポート職員に相談できることも大きなメリットです。まずはこの「就労継続支援A型事業」で働くことに慣れていき、後々は一般の会社で働いていきたいという方々に向いています。

 

【自分のペースで無理なく働ける、「就労継続支援B型事業」】

「就労継続支援B型事業」は、「A型」のような雇用契約を結んで働くことが困難な方々が利用できる支援策です。ここでは軽い作業を短時間だけ行うことができ、その対価として工賃が得られます。「A型」では毎月決まった賃金が支払われますが、「B型」の場合は作業所で働いた分だけの工賃が支払われることとなります。「A型」と比べて得られる収入は低くなりますが、無理なく自分のペースで働きたい方に合った作業所となっています。

このように「就労継続支援B型事業」の作業所では、複雑な作業や長時間働くことができない方でも働くことが可能です。お菓子の製作、製品や部品の袋詰め、パソコンでのデータ入力等、その人に合った働き方ができるように、様々な作業が用意されています。「就労継続支援B型事業」を利用できるのは身体・知的・精神の障害または難病のある方等となっており、その他の条件については地域の市区町村の障害福祉の窓口で詳細を案内してもらえます。

就労継続支援のA型とB型の特徴と違いとは?

 

【就労継続支援事業の利用は、自分に合ったものを選択することが大切】

これらの就労継続支援事業は、一般就労が困難な障害者の方々でも働くことができるのが大きなメリットです。その半面で作業所によって、作業内容や賃金、工賃にバラツキがあることに注意が必要です。これらの就労継続支援事業を上手く活用できれば、障害がある方々でも収入が得られ、社会参加の喜びも感じることができます。

作業所の軽作業を続けることで自分に自信がついたり、同じような障害を持つ仲間たちと出会うこともできます。このように自分に合った働き方を実現するためには地域の窓口で自分の希望を聞いてもらい、しっかりと相談することが大切です。まずは色々な作業所を見学して、気に入った作業所があったら申し込むこともできます。一旦申し込んだ作業所でも、つらくなったら休んだり利用を取りやめることも可能です。働き方の希望や障害に合った作業所を紹介してもらえば、より負担なく安心して働いていくことができるでしょう。

「就労移行支援」と「就労継続支援」の違いについて

-「就労移行支援」と「就労継続支援」

Copyright© ココルポート(旧Melk)の評判|障がい者就労を成功させる , 2020 All Rights Reserved.