「就労移行支援」と「就労継続支援」

発達障害は就労移行支援は受けるべき?意味はあるの?

発達障害に仕事をすることはできるのでしょうか?結論から言えば大いに可能です。

そもそも発達障害だからといってできない仕事というのは限られていますし、発達障害の人は決して能力が低いというわけでもないんです。

 

ですが、世の中も便利になりつつあります。発達障害の人も一般就労が可能になるように訓練が受けられるのはご存じでしょうか?

それが就労移行支援サービスというものです。

ここでは発達障害の人は就労移行支援を受けるべきか?ということをお話ししていきたいと思います。

 

発達障害の就職は厳しい?

こんなことを言うまでもないとは思いますが、あえて言わせて貰えるなら発達障害の就活は困難を極めるということです。もちろん、一般就労への就職という意味です。

昨今、日本では人手不足というのを聞いたことあると思いますが、それでも仕事が回らないほどの人手不足というのはごくわずかです。

 

健常者で働ける人がいる以上、発達障害の人はその牌を奪われてしまうのは言うまでもないでしょう。

やはり、単純な能力や雇い入れたときのリスクを考えると健常者のほうが優遇をされるというのが現実です。この現状は最低でも受け入れなければなりません。

 

発達障害の人は箔をつけることが必要!

では発達障害にとって厳しい世の中をどうしていけばいいのか?

それは障害を持っている人が自分に箔をつけることです。

 

障害を持っている人は自分が障害を抱えていることばかりを気にして、強みを見出ださない人も多いです。

それはもったいないことですね。他人との差を開くために自分にアピールポイントをつくることが求められています。

 

よく考えれば普通に人がやっていることです。例えば、資格を取るのもアピールポイントをつくるためですよね?

そうやって自分を雇うメリットを企業に分かりやすく提示するということです。

発達障害の人も同じです。やはり、人材として魅力的に映らなければ雇うところはありません。だからこそ、自分の強みを見いだすことが求められるんです。

 

発達障害が就労移行支援を受けるメリット

上記を踏まえた上で就労移行支援というものについて考えていきます。

就労移行支援を受けることで発達障害はどんなメリットを貰えるのか?

それを考えていきましょう!!

 

企業に対してアピールができる

まずは就労移行支援を受けたという事実がすでにアピールポイントになるということです。支援を受けた人と受けていない人、この事実は比べてみると差が歴然です。

事実、支援によってどういう能力を身につけたのかが重要ではなく、ひとまず支援を受けたという経験があります。

実際に企業は人をそこまで見れませんから、書類からわかるアピールポイントがあるかどうかで判断することがあります。

なので、発達障害の人たちのなかでも抜きんでるために、就労移行の訓練を受けたというのがメリットになります。

 

ふさわしい職場を紹介

なにも一般就労に向けての訓練をするだけが就労移行支援ではありません。きちんとその後の職場の紹介までしてくれます。

転職エージェントや就職サイトでは健常者が多くいるので、障がい者の就職にそこまで力は入れられません。なので、障がい者の方がそこで就活しようと思うとなかなか上手くいきません。

ですが就労移行支援ではきちんと障がい者の方にできる仕事を見繕ってくれます。自分で探す手間がかなり省くことができます。

 

無料で支援が受けられる

就労移行支援は基本的には無料です。なので就活もお金をかけずに訓練も受けることができます。

これは分かりやすいメリットです。

中にはお金のかかる人もいますが、支援を受けることで補助も得られるのは大きいですね。

 

発達障害にとっての就労移行支援 まとめ

結論を言うと、発達障害の人は漏れなく就労移行支援を受けたほうがいいです。

それだけでも就活を優位に進められますし、訓練を受けたことが自信にもなります。

おすすめしているmelkは本当にいい支援をする会社なのでぜひ一度見学にいきましょう。

Melk(メルク)は評判悪い?口コミを集めて真実を追求!

-「就労移行支援」と「就労継続支援」

Copyright© ココルポート(旧Melk)の評判|障がい者就労を成功させる , 2020 All Rights Reserved.