障害と就職

障害者が活躍できる場を用意することが必要

障害者も充実して生きるために仕事をすることが大切だと思います。障害者雇用促進法のおかげで障害者も企業で働けるようになっていて、よい社会になってきています。

障害者がよりよく働くために必要なことについて紹介したいと思います。

 

■周囲の理解が一番大切

障害者が企業で働くうえで、一番大切なのが周囲の理解です。障害者は、普通の人よりも労働能力が劣ります。うまく仕事ができないこともあるし、ミスが多い場合もあります。そのことを周囲が理解してくれないと、障害者は、仕事が嫌になり、結局、仕事を辞めてしまうことになります。

 

仕事を辞めて自信を失くしてしまうと、社会復帰が難しくなってしまいます。そうなると、障害者の生活は、暗いものになってしまいます。

障害者をよく理解して、企業が障害者でもできる簡単な仕事を与えていくことが必要になります。また、それと同時に周囲が障害者を理解し、サポートしていくことが必要になります。

 

■短時間勤務の仕事を与える

障害者は体が不自由な人もいれば、精神的な障害の方もいます。障害者は、体や心に障害があるので、長時間勤務だと疲れてしまう場合があります。体や心に負荷がかかりやすいのです。そういった場合は、短時間勤務の仕事に切り替えてあげてもよいと思います。

 

正社員のように長時間働くことができなくても、ちょっとでも社会で働くことができれば、充実して生活していくことができます。障害者も人と関わりたいし、仕事をしたいのです。

 

長時間働くのが厳しい場合は、短時間勤務の仕事を与えてあげるようにしていくと、障害者も働きやすくなります。1時間でも2時間でも仕事がもらえれば、障害者は、嬉しいのです。障害者がひきこもりにならないようにするためにも短時間勤務の仕事を与えるようにするのがよいです。

社会で働けることは、障害者にとって本当にありがたいし、障害者の家族にとってもありがたいことなのです。

 

■障害者も自信をもって活躍できる社会が理想

障害者だからといって、普通の人よりも能力がないわけでは、ありません。得意なことがある人もたくさんいます。それを障害者だからといって眠らせておくのは、本当にもったいないことです。

障害者も能力がある人は、たくさんいます。その能力を企業が見いだし活用すれば、企業の役にも立つし、障害者自身も能力を生かして働いて、自信をつけることができます。

 

障害者は、障害があるぶん、自信を失っている人も多いです。上手く能力を活用して働くことができれば、企業も障害者もプラスになることばかりです。企業は、障害者の能力を見いだして、活躍できる場を提供するべきだと思います。

 

■障害者をサポートする気持ちを広げよう

障害者は、ふつうの人に比べて弱いです。弱い者いじめをするような社会ではなく障害者をサポートする気持ちをふつうの方がもつことが重要です。

みんなが、障害者をサポートする気持ちをもてば、障害者も企業で活躍しやすくなるし、障害者も社会で生きやすくなります。障害者が社会で生きやすく生活するためには、障害者を理解し、サポートしてあげようとする気持ちが大切です。

障害者が困っていたら、助けてあげたりサポートしたりする社会になって、障害者も楽しく働いたり、活動できる世の中になっていくとよいなーと思います。

どんな人でも社会に居場所があるような世の中になってほしいなーと思います。

 

■まとめ

障害者がよりよく働くために必要なことについて紹介しました。政府も協力しているので、障害者が企業などで活躍できる社会になってきています。どんどん障害者の雇用を促進するためにも、障害者を理解してサポートしていくことが大切だと思います。

-障害と就職

Copyright© ココルポート(旧Melk)の評判|障がい者就労を成功させる , 2021 All Rights Reserved.