障害と就職

障害者にとってのバリアフリーは十分なのか?

国は気がついてないだけで実に多種多様なサービスを国民に与えているものです。恩恵に預かれる人は限られていますが、いわゆる障害者に対してはここ数年で待遇も変わってきていると思います。

 

その一缶がバリアフリーの促進です。昔は車椅子や知的障害の人の生活など考えないで施設や建物を建設していました。

しかし、最近ではバリアフリーにすることは当たり前になっていると言ってもいい世の中でしょう。今更ながら知っておきたいバリアフリーについて今回は解説していきたいと思います。

障害者でも立派な働き手として受け入れるポイント

 

バリアフリーは広義に解釈できる

バリアフリーというのはbarrier freeから来ている言葉。バリアというのは障壁や障害のことを指します。

つまり、障害や障壁を感じることがないように設備等を整えていくことですね。

 

実はバリアフリーという言葉はひどく誤解されているものでもあります。

バリアフリーと聞くと大抵の人はスロープなどを想像するかもしれませんが設備だけを整えるのがバリアフリーではありません。

 

例えば、障害者の人が働ける環境を得やすくする、社会に順応できるようにする。

そういった精神的な面でのサポートもバリアフリーに該当します。障害者を心身ともに助ける。これがバリアフリーの本質です。

 

バリアフリーの現在の取り組み

バリアフリーは現状どの程度進んでいるのか?

実は日本はそこまでバリアフリーが進んでいる国というわけではありません。意外と遅れをとっている節はあります。

 

障害者の方は人口比で考えると少ないため、国はどうしても後回しにしてしまう分野になってしまいます。

 

2020年はオリンピックがあり、パラリンピックもあります。このままで大丈夫なのか?という声は多々あります。

 

というのは設備という面では色々整備されていますが、精神的な意味で障害者に寄り添うというものがなかなか難しかったりするからです。障害者の人も過度なサポートを望んでいないことなど、健常者と障害者のギャップを埋めることが困難だからです。

 

物理的な支援ではなく、文化的精神的な面でのバリアフリーは遅れをとっているというのが今の日本の現状です。

 

今後、障害者に対するバリアフリーの課題は?

今後のバリアフリーに求められるのは多角的な支援をするということでしょう。

物理的な部分は考えればだれでも思いつきますが、精神的なサポートは人によるので展開が難しいです。

 

だからこそ踏み込むべき部分であり、やる価値のあるところだと思います。

あらゆる場面でどうしたら過ごしやすくなるのかを考えながら法を整備していくことが求められるところですね。

Melk(メルク)は評判悪い?口コミを集めて真実を追求!

-障害と就職

Copyright© Melkの評判|障がい者就労を成功させる秘訣とは? , 2019 All Rights Reserved.