障がい者の労働経験談

障害者雇用におけるプログラマーの現状!IT系に就職するチャンス?

障害者雇用は各企業力を入れています。

特に大手は義務化をされていることもあり、積極的に取り入れようとはしているでしょう。

 

しかし、現状、職種によって進み具合が変わります。

障害を持つ人には普通に仕事をすることが難しいというものもたくさんありますから。

 

そんな中気になるのは最近、需要が急増しているプログラマー

 

プログラマーは詳しい人なら障害関係なく働けるようなイメージがありますよね?

今回は障害者雇用のプログラマーの現状について解説していきます。

 

実は意外と多いプログラマーの障害者求人

プログラマーという職種にどんなイメージを持つかはわかりませんが、障害者の求人は職種の中ではかなり多いです。

 

それこそ、IT系の職種ではダントツかもしれません。

それだけプログラマーは障害者にとっては入りやすい分野かもしれません。

 

プログラマーは基本的にコミュニケーションも必要ですが、一番大事なのはプログラミングに関する知識やスキルです。

足が悪くても学習障害だとしてもプログラミング技術さえ認められれば障害者でも関係ありません。

 

IT系の分野で活躍したいという希望があるなら、プログラミングを集中的に学んで挑戦してみるだけの甲斐はあるでしょう。

 

プログラマーは実力主義!

プログラマーは障害者の求人が多い!

その事実だけを見ると障害者に優しいという捉え方もできます。

 

しかし、そんなに甘く考えてはプログラマーなんて夢のまた夢です。

 

実際はプログラマーという職種では、障害者への窓口を多く設けているだけ

決して優遇はされるわけではありません

 

そして、プログラマーの社会は実力主義。

あれができる、これができない。というものが分かりやすい世界です。

障害者の求人があることはあくまでもチャンスがあるということ。

未経験でもすぐに働けると考えるのは軽率です。

 

プログラマーは未経験だと厳しいかも

よくある質問が未経験でもプログラマーになれますか?というもの。

確かに未経験でもなれるという会社はあります。

 

しかし、障害者求人の中では多くありません。

というのもやはり、未経験での募集は教育を視野に入れています。

障害者をプログラマーに教育をするのと健常者を教育するのを比べたらどちらを取るかは明白です。

残念ですが。

 

そして、未経験の募集自体も少ないです。プログラマーには即戦力であることも求められますから、未経験でというところは減りつつあります

 

障害者の雇用はある程度、プログラマーという分野では進んでいます。

しかし、基本的以上のスキルがないと厳しい。

これがプログラマーにおける障害者雇用の現状です。

Melk(メルク)は評判悪い?口コミを集めて真実を追求!

-障がい者の労働経験談

Copyright© Melkの評判|障がい者就労を成功させる秘訣とは? , 2019 All Rights Reserved.