障がい者の労働経験談

障害者雇用がうまくいかない実例と体験談

障害者雇用の促進は明らかに進んでいます。

数年前までと比べると雲泥の差です。

 

しかし、雇用が促進されればすべて収まるというわけではありません。

 

雇用がなされた後でも潤滑油がなければ、うまくいかないことは確かです。

雇用そのものもそうですが、その後のサポートも非常に大切だと感じさせるのが障害者雇用です。

 

今までにトラブルにあった障害者の方もたくさんいます。

雇用が上手くいかなかった例をいくつか紹介したいと思います。

 

障害者雇用トラブル例①意識の違い

障害者の方はともかく特別扱いされることを嫌がる傾向があります。

もちろん、人によるかもしれません。

 

しかし、大抵の場合、障害者だからといって甘く扱われるのは対等に扱われていないように感じるのでしょう。

あくまでも、一員として働きたいということですね。

 

ただ、周りからすればそうはいかないこともあります。

やはり、障害者の人は健常者から見れば同情的な視線でどうしても見てしまう部分があるのでしょう。

 

もしものときに障害者の方へのダメージが大きいので、どうしても丁重に扱おうとします。

障害者の方も頑なにならずに、徐々に馴染もうとすれば考え方もお互い変わるかもしれません。

譲り合いをするということが大事ですね。

 

障害者雇用トラブル例②条件が悪い!?

障害者の方への仕事というのは、働き方改革の対象になっています。

つまり、昨今では一般就労もしやすくなり、条件も他とあまり変わらないというところも増えています。

 

ただ、全体的に待遇の改善ができているかと言われれば、そうではないのが現状です。

 

基本給はやはり、一般在職者よりも安く雇われるというところはまだまだあります。

特に就労移行支援を受けていない方は待遇を悪くされがちなんだそうです。

 

障害者雇用も窓口自体が多いわけでもありませんので、涙を飲んで提示された条件を受け入れてしまうことはあるそうです。

今後の政策次第では変化が起きるかもしれませんが、働く条件はまだまだ整備が不十分だと言えます。

 

障害者雇用トラブル例③症状が悪化してしまう?

希にあるケースで仕事で障害の程度が酷くなってしまうというものもあります。

例えば、手足が不自由なのに体を動かすことが多くて、より日常生活に支障をきたしてしまう。

ストレスが原因で統合失調症が悪化してしまう。

こんなシチュエーションにもなってしまう可能性があります。

 

やはり、採用担当者も採用に関する知識はありますが、障害者の方が何をどれほどできるかというのを把握しているわけではありません。

 

悪気はなくても障害をより悪化させてしまうことも起きてしまうんです。

障害者の方も自分の能力を高めで申告してしまうことでも起こりえることです。

マッチングギャップができてしまうのであれば、他の職場を検討する勇気も必要です。

 

障害者雇用トラブル例④障害者だけでコミュニティを形成してしまう

人間は似たような人で人間関係を構築してしまうものではありますが、行きすぎると職場になかなか馴染むことができません。

 

例えば、少数派である障害者同士だけで仲良くしてしまうと、他の社員からは疎外感を抱かれてしまいます。

そうなると、通常業務に支障が出るほど人との壁ができてしまうこともあるんです。

 

確かに同じ境遇の人で固まるのは楽かもしれませんが、それでは仕事がうまくいかないこともあります。

自ら壁をつくるのではなく、接触的にコミュニケーションをとることが必要になります。

 

障害者雇用は未だに不完全だが・・・

障害者雇用も国の制度だけではなく、企業の受け入れ体制を十分とはいえない現状があります。

 

ただ、上手くいくかどうかは雇用後の立ち回り次第でいくらでもどうにかなります。

壁を作らずに自らをさらけ出して、飛び込んでみることが成功の鍵ではないでしょうか。

-障がい者の労働経験談

Copyright© ココルポート(旧Melk)の評判|障がい者就労を成功させる , 2020 All Rights Reserved.