ココルポート(旧Melk)【就労移行支援】

ココルポート(旧Melk)が行う就労移行支援サービスってなに?

ココルポートという会社があるのはご存じでしょうか?今はまだ数が少ないですが、就労移行支援を行っている会社のひとつです。

就労移行支援を行う会社もまだ知名度が低いですが、最近では脚光を浴びはじめていて、手助けをする投資家も増えているということです。

 

先ほどから言っている就労支援というのがなんのことだかわからない人もいるでしょう。

今回はその就労移行支援サービスについて説明していきたいと思います。

ココルポートがやっているサービスとはどんなものなのか?詳しくお話ししていきます。

 

就労移行支援ってなに?

障害を持っている人というのは基本的に社会に出るのが普通の人よりも厳しいです。

障害を持っているため、普通の仕事でも困難だったり、仕事はできるのに企業の方が採用にあまり前向きでなかったりします。

もちろん、そんな世の中を変えるために政府も色々やっています。

 

国の法律でも障害者総合支援法というものがあり、障害者の就職を支援するという取り組みがされているくらいです。

この障害者総合支援法に基づいたサービスの一つが就労移行支援です。

 

障害を持つ人に対して、特定の訓練を施して社会に出れるようにするというのが就労移行支援。

つまり、障害者のための職業訓練学校のようなものです。

 

就労移行支援は会社によって内容が違う

就労移行支援サービスではもうひとつ気になることがあると思います。それはおそらく、どんな訓練をしているのか?ということだと思います。

職業訓練といってもどんなことをするのかが非常に大事ですよね?一般的にはよく聞く職業訓練ですが障害者のためというところがポイントです。

実は、就労移行支援サービスの内容については会社によって違います。会社によって運営しているカリキュラムが違うので調べておく必要があります。

 

それは職業によって必要なトレーニングが違うからですね。

体を動かすような仕事とデスクワークでは必要な能力等が違いますから、受けるべき職業訓練も違います。

これから就職をする人で職業訓練を受けたいという人はきちんと自分にとって必要な能力を身につけられるのかを調べておく必要があります。

 

前もって調べるためには見学や資料請求を利用しましょう。大抵の就労移行支援の会社では資料請求画面や見学予約をすることができます。

特に見学は実際の訓練風景が見れるので積極的に利用した方がいいです。

 

就職前後で訓練は受けられる

就労移行支援で良くある誤解が就職する前に通うんじゃないの?というものです。

就労支援というのはなにも就職前に訓練を行うだけではありません。

就職活動中や内定をもらった後でも訓練を受ける人がいます。

 

たしかに就職活動をする前に訓練を受けて企業に対して箔をつけるという意味で通う人が多いです。

しかし、中には先に入ることで既に訓練を受けてますよーというアピールができますし、会社から入社の条件として訓練を受けろと言われることもあります。状況としては人それぞれです。

 

ココルポートで受けられる訓練とは?

ではココルポートではどんな訓練をしているのかということなんですが、すごく幅が広いです。極端に言えばあらゆる職業に役立つスキルが手にはいるでしょう。

ココルポートで学べるスキルは以下の通りです。

  • 模擬就労
  • パソコン技能
  • 軽作業
  • グループワーク
  • 就職活動
  • ビジネスマナー
  • 運動

 

という具合にデスクワークから軽作業系の仕事までカバーしている内容です。

就労支援期間中に訓練を受けるだけではなく、就職活動の支援も受けられます。内容も期間も人によって違いますが、二年という縛りがあるので要注意です。

ココルポートのサービスについては下記で詳しく解説しています。

ココルポートは評判悪い?口コミを集めて真実を追求!

-ココルポート(旧Melk)【就労移行支援】

Copyright© ココルポート(旧Melk)の評判|障がい者就労を成功させる , 2021 All Rights Reserved.