「就労移行支援」と「就労継続支援」

就労移行支援とは?障碍者のサポート概要

障害者の方は私生活だけで苦労をしているわけではありません。ただ、働くというだけでも普通の人がしないような苦労をすることになります。

一般企業でも障害者の方を雇い入れるという取り組みをしているところは多々ありますが、実際にできているかどうかは疑問です。

 

やっているところはほんの一部ですし、一社につき一人二人程度がいいところです。そんな苦労の耐えない障害者の雇用問題で強い味方になるのが就労移行支援サービスです。

では、就労移行支援サービスとはどんなものなのか?今日はここでそれを詳しく解説していきたいと思います。

 

ややこしい就労移行と就労継続

その前に一つややこしく、間違いやすいものがあるのでそれをクリアにしていきたいと思います。

 

就労移行支援とその他にも就労継続支援というものがあります。これは同じものだと思ってしまうかもしれませんが、全然違う支援の仕方をしています。

まず、この2つは全く別物であるというのを頭に入れてほしいと思います。

 

就労移行支援とは?

就労移行支援というのは簡潔に説明すると、障害者の方の一般就労を支援していくサービスのことです。

具体的に言うと、一般企業の職場で人材として通用するように教育をしていくサービスです。

 

例えば、障害者の方でも働ける体だけどパソコン技能を持っていないという人を教育していきます。また、仕事でやるような動きが障害によって困難であるという人には可能になるようにトレーニングを施します。

 

そのためのカリキュラムを組んで、実行に移すのが就労移行支援サービスというものです。

また、身体的なトレーニングを施すばかりが支援の形ではありません。きちんと職場を見つけられるように就職活動もサポートしたり、それ以外にも手助けをしてもらうことができます。

 

※就労継続支援はトレーニングではなく、そのまま職場を紹介するサービスであります。なら就労移行支援はいらないのでは?と思うかもしれませんが、就労継続支援で紹介される職場は普通の職場ではなく、障害者の人用に用意された職場とも言えます。

お察ししている人もいるかもしれませんが、ここでは働けはしますが、お給料がよくないです。一般企業で働いたときの年収の半分も行きません。

就労継続支援とは本当に一般的な労働すら困難なほどの障害者の方のためのサービスだと思ってください。

 

就労移行支援の運営は国が行っているの?

就労移行支援というと、あたかも国が運営しているように感じるかもしれませんが、実際は民間企業が行っています。

もちろん、国は全く無関係というわけではありません。国からは運営をするための補助金をもらえて、そのお金で運営しているというわけですね。国だけではなく、NPO法人なんかもスポンサーとして入っていたりします。

 

公的期間ではないけれど、それに限りなく近い制度で運営されているということですね。

これはこれでいいかもしれません。むしろ、公務員ではできないからこそ、民間企業がやっているといってもいいですし、公務員がサービス業に関わることはできませんから。

 

就労移行支援は場所によって内容が異なる?

公的機関ではないことによって生じることがあります。それは就労継続支援はサービスが場所によって微妙に違うということです。

例えば、本当に仕事をすることを考えて高度なシミュレーションをするところもありますし、簡単な作業だけをトレーニングするところもあります。

 

また、施設によっては交通費が支給されるところやキャンペーンも実施していたりします。サービスの内容だけではなく特典があるところもあります。

ここでおすすめしているのはメルクです。

ここでは幅広い人が通えますし、一般就労に成功した実績があります。詳しくは下記で見てみてください。

Melk(メルク)は評判悪い?口コミを集めて真実を追求!

-「就労移行支援」と「就労継続支援」

Copyright© ココルポート(旧Melk)の評判|障がい者就労を成功させる , 2020 All Rights Reserved.