「就労移行支援」と「就労継続支援」

就労移行支援の条件や期間、更新手続きとは?

以前は就労移行支援サービスの内容や条件、就労継続との違いを説明していきました。そちらについては詳しくは下のページでまとめています。

まだ概要すら知らないという人はこちらを参考にしていただきたいと思います。

「就労移行支援」と「就労継続支援」の違いについて

就労移行支援とは?障碍者のサポート概要

 

今回は就労移行支援のもう少し細かい部分まで調べていきたいと思います。それは期間や条件についてですね。実際に就労移行支援を受けられるようになるまでには何をするべきなのか?支援を受けられる期間はどれくらいなのか?

 

就労移行支援を受けられる人とは?

就労移行支援とは障害者の方が受けられる支援なので、当然障害者の方が利用できるということです。具体的な条件は以下の通りです。

 

  • 身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病などがある
  • 企業などで働くことを希望している
  • 原則として18歳から65歳未満である

 

上記すべてに当てはまる人が就労移行支援の対象になります。とはいえ、条件に当てはまらなければそもそも支援をしてほしいとは思わないので、支援を受ける人は全員当てはまるのが当たり前です。

ポイントは障害の種類を問わないというところですね。肉体、精神に関わらず障害を持っている人は支援を受ける資格があります。

 

就労移行支援を受けるまでの流れ

障害者の方でも即日にこの支援を受けられるのかと言ったらそうではありません。サービスを受けるにあたって通るべき道筋があります。その流れを見てほしいと思います。

 

①近くの就労移行支援事務所を探す

まずは今後通うことになるであろう就労移行支援を受けられる場所を探しておくことですね。毎日のように通う人は絶対に家から近い方がいいですから、なるべく近いところで探すことにしましょう。

ネットで就労移行支援事務所を検索すればすぐに出てきます。おすすめはメリットがいくつもあるメルクというところですが、雰囲気やサービス内容から他のところでもちゃんとしたところならいいでしょう。

 

②見学や利用体験をしてみよう

自分が通う事務所を決めたら、実際に足を運んで見てみましょう。就労移行支援事務所では資料請求や見学や利用体験というのもあるので、それを利用して一度は見てみるべきです。それでなくても見学などはおすすめされるので多分通ることになるでしょう。

 

やはり、毎日通うようなところなので気に入るかどうかも重要ですし、その会社ならではの色もあります。こだわりがなければすぐに決めてもいいですが、これだけは譲れないというものがあればいろいろ探してみてもいいでしょう。

 

③市役所にて受給者証の発行手続き

いよいよ事務所を決定し、本格的に支援を受ける準備をしていきます。見学が終わればすぐに入れるわけではなく、支援を受けるには公的手続きも必要です。

自分が住んでいる地域管轄の市役所にいきます。そこで福祉サービス課という窓口があるので、そこでいろいろな手続きをするわけです。

 

とはいっても、そんなに面倒な手続きではありません。市役所で支援をうけたい!と言えば、認定調査といって職員による面談があります。それを終えると受給者証というものが発行されて支援を受けることができます。

支援をしている会社の中にはメルクのように受給者証発行の手続きもサポートしているところもあります。見学と一緒にそれをお願いしてみてもいいかもしれませんね。

 

受給者証は2年が期限になっているので、支援を受けられるのはその間のみになります。

定められた期間から通所できるようになり、支援事務所にてトレーニングが開始されます。

以上が就労移行支援を受けるまでの大体の流れです。

 

受給者証を延長するには?

受給者証については期限を決められてますが、本当に2年までしか支援を受けられないのか?

実際に受給者証を更新することで3年目以降も利用可能になります。

更新も同じ役所で手続きすることになるので、3年目以降の利用も検討しているのであれば余裕を持ってギリギリにならないように更新手続きを行いましょう。

Melk(メルク)は評判悪い?口コミを集めて真実を追求!

-「就労移行支援」と「就労継続支援」

Copyright© Melkの評判|障がい者就労を成功させる秘訣とは? , 2019 All Rights Reserved.